RHAPSODY OF THE SEAS
クルーズ客船 世界各地のクルーズ
IMO 9116864
FLAG:Bahamas 船籍港:NASSAU
総トン数:78491トン 航海速力:22.0ノット
全長:278.00m 型幅:35.64m
旅客定員:1998人 乗組員:765人 就航年月:1997.05
船主・運航:ロイヤル・カリビアン・クルーズ(米)
 2008年4月、日本初寄港となったロイヤル・カリビアン・クルーズ社の豪華客船「ラプソディー・オブ・ザ・シーズ」です。日本最大級の客船の飛鳥IIよりも一回り大きいのですから、その迫力は凄いものでした。初寄港にお会いできて光栄でした。
 この会社は世界最大規模のクルーズ会社で、16万トンの世界最大客船「クァンタムクラス」3隻や人気の「バンテージクラス」など、合計25隻の客船を保有しています。この船はその中の「ビジョンクラス」に属します。レストラン・カフェ・バー・シアター・カジノ・フィットネスセンター・ジョギングトラックなどの設備に加え何と、ロッククライミング用壁面まであるというのですから驚きです。デッキは12階まであります。まさに洋上のアミューズメントパークですね。 2013年2月には改装を終えたそうです。

 当HPには「ボイジャークラス」のMARINER OF THE SEASも掲載してあります。

このページでは色々な角度からの全景をご覧ください
部分的な写真はこちらからどうぞ

 
海の中道行きの船から見上げながら写した2枚です
 
左舷前方から
 
右舷前方から
 
 すぐ下の写真をクリックすると別画面で大きな写真を見られます(450kb)Internet Explorer、Netscape、Firefoxの方は開いた写真が自動的に画面に合わせ縮小されている場合がありますので、写真をもう一度クリックしてみてください。 実写サイズで表示されます (2868×897ピクセル)。 迫力ありますよ。
対岸の博多埠頭から写しました
 
左舷後方から 写真をクリックすると大きいサイズで見られます

 
博多埠頭にある「博多ポートタワー」の展望台(70mの高さ)からの眺望
そんなに高い所から見たように感じないのは、この船自体が高いからですね
 
博多ポートタワー展望台(70mの高さ)から
 
 
バスの大きさと比べるとこの船の大きさがよく分かります
 
右舷後方から
 
 
隣を航行中の船は釜山行きのフェリー「ニューかめりあ」(19,961t、170m)です。
日本の客船「ふじ丸」クラスの大きさですが、これと比べてもその大きさが実感できます
 
ニューかめりあと大きさの比較
 
2008年4月15日撮影 博多港、中央埠頭
 

 
前のページへ → 前のページへ 外国船籍のページへ ← 外国船籍のページへ