飛鳥II
クルーズ客船
国内・海外のクルーズ
IMO番号 8806204 総トン数 50142 トン
船舶番号 140287 全 長 240.96 m
信号符字 7JBI 型 幅 29.60 m
型深さ 13.02 m
船 籍 日本 航海速力 18.5 kt
船籍港 横浜 最高速力 20.0 kt
造船所 三菱重工業 長崎 旅客定員 800 人
乗組員 469 人
竣工年月 1990.06 馬 力 47000 ps
出 力 34569 kw
船 主 郵船クルーズ
運 航 郵船クルーズ
 日本籍客船で最も大きかった「飛鳥」の1.7倍の大きさを持ち、横浜を船籍港とする豪華客船です。ラグジュアリー船の代表として日本郵船の米国子会社が所有していた客船「クリスタル・ハーモニー」に、大浴場や全客室への温水洗浄便座設置など日本人向けの改修を加え、2006年春に「飛鳥U」として、デビューしました。この写真は2006年11月5日に初めて広島に寄港した時に写しました。  241m・5万トンの船体は1万トンバースから船首がはみ出しワイドレンズを使っても、とうてい近距離から写しうるものではありませんでした。まさに海上の豪華ホテル! 一度でいい、この船で旅をして見たい。見学に来られた人たちは口々にそう言ってこの夢の客船を見上げておられました。
 乗組員:450人、最高速力:20ノット。詳しいことはクリスタル・クルーズHPで見てみましょう。部分写真もどうぞ

 一番上の写真をクリックすると別画面で大きな写真を見られます(382kb)
Internet Explorer、Netscape、Firefoxの方は開いた写真が自動的に画面に合わせ縮小されている場合がありますので、写真をもう一度クリックしてみてください。実写サイズで表示されます (3140×1213ピクセル)。 迫力ありますよ。
 
出航し広島プリンスホテル横をゆっくり航行する飛鳥II
甲板にはたくさんの乗客と別れのテープがたなびいています
 
出航し広島プリンスホテル横をゆっくり航行する飛鳥II。写真をクリックすると実写サイズがご覧いただけます
 
 
船尾に写っているのは同日寄港したアメリカの「スピリット オブ オセアヌス」
(4,200トン、90.36m)ですが飛鳥IIが大きいので、かなり小さく感じました
 
右舷前方からの飛鳥II 船尾に見えるのは「スピリット オブ オセアヌス」
 
1万トンバースが小さく感じます
 
 
出航セレモニーが開かれています。人と比べるとこの船の大きさがお分かりでしょう
 
この船の大きさがお分かりでしょう
 
2006年11月5日撮影 広島港1万トンバース
 

広島交通科学館に展示してあった飛鳥Uの模型

この船の大きさがお分かりでしょう
 
2011年8月4日撮影 広島交通科学館
 

 
前のページへ > 前のページへ 日本船籍 あ行へ < 日本国籍 あ行へ