広島高速交通広島新交通1号線 アストラムライン 

 広島市中心部の本通駅と安佐南区の広域公園前駅間18.4kmを結ぶ新交通システム「広島高速交通広島新交通1号線」愛称「アストラムライン」は、1994年(平成6年)8月20日に開業しました。日本語の「明日」に英語の「トラム」(路面電車)という意味から付けられた名前です。

 開業当時は21駅でしたが、2015年(平成27年)3月14日に城北・白島(はくしま)間にJRとの乗換駅「新白島駅」が開業したことにより、現在は22駅となり、起点・終点間を37分で結んでいます。運転は有人(ワンマン)で両先頭車両に運転席が設けてあります。

 本通駅から新白島駅の先までの1.9kmは地下を走り、白島駅から広域公園前駅は高架となっています。全線複線で全駅が島式ホーム(ホームの両面を列車の発着に使用するホーム配置の形式)になっています。標高が最も低い本通駅と最も高い広域公園前駅の標高差は、なんと130mもあるそうです。

 車両は1994年の開業時に6両編成22本が導入され、1997年に1本、1999年に1本が追加導入され、現在は6両編成24本となっています。内訳は開業年である平成6年の「6」を使った6000系23本と、増備年である平成10年の「1」を使った1000系1本です(運用開始は平成11年3月)。

 懸架は空気ばね(エアサス)で車輪が空気入りゴムタイヤなので、乗り心地はとてもよく車内も静かです。ただ1000系はVVVFインバータ制御に変わったため加速・減速時の音が少し大きくなりました。

 車番は4桁で、一桁目は系式の千番台、二桁目は1両目〜6両目を表す車両番号、三桁・四桁は編成連番となっています。例えば6101は6000系1番編成の1両目、6601は1番編成の6両目となります。1000系の編成番号は6000系の続き番号の24が充てられています。

 このコーナーでは、地の利を生かして写しまっくたアストラムラインの写真や情報などを載せていきます。なぜ開業してずっと利用しているのに今まで載せなかったのか? というと、あまりにも身近すぎて走っていて当たり前、乗って当たり前と完全に生活の一部となっていて、特別なものと考えなかったからだと思っています。少しずつ内容を充実させていきますので、楽しみにしていてくださいね。


KiPiO ASTRAMLINE Station INFORMATION
乗り場のご案内
系統 行き先 (ここをクリックしてください) 更新日
全車図鑑(諸元と写真) 2018.5.3
ラッピング電車 2018.5.13
運転本数変遷と時刻表 2018.5.6
幻の急行列車 2018.5.6
駅の特徴と7色のステーションカラー 2018.5.22
設備紹介(駅編) 工事中
設備紹介(車内編) 工事中
サンフレッチェと広域公園前駅 工事中
アストラムカードからICカードへ 工事中
10 アストラムのいる風景  工事中
 
【おねがい】
 このホームページは個人の趣味の範囲での作成ですので、事業者とは関係ありません。
☆事業者への直接の問い合わせなどは大変迷惑になりますので、絶対になさらないでください。
 またデータには誤りもあります。
☆掲載内容によりいかなる損害が生じても管理人は一切責任を負いません。
参考程度にご覧下さいますようお願いいたします。
 著作権はKiPiOにございます。
☆掲載内容の無断転載、無断引用、二次利用などもお断りします。
 
 とにかく、楽しく見て頂ければ幸いに思います。