復元 サンタ・マリア号


  「サンタ・マリア号」は、1492年にコロンブスが初の大西洋横断航海のときに使った3隻の帆船のうちの最大の帆船です。
 メリケンパークに展示されていたサンタマリア号は、1992年、コロンブスのアメリカ大陸到達500周年を記念して、スペイン(バルセロナ)の造船所で復元・建造され、1991年7月にバルセロナを出航し、大西洋、太平洋を渡って世界各地を巡り、1992年4月に神戸港まで航海してきました。
 老朽化が進み安全面から2015年に解体され、一部をモニュメントとしてメリケンパーク内に保存してあります。
 
  建造年月日 : 1990年4月1日
  建造地 : スペイン、バルセロナ
  製作者 : ビュデス造船所
  船型 : 三漕パーク型帆船
  全長 : 32.21m
  全幅 : 7.99m
  深さ : 3.11m
  総トン数 : 120トン
  帆装 : 四角帆×4 三角帆×1
  最大搭載人数 : 21人
 

大阪の交通科学博物館に模型が展示してあります。
 
復元 サンタ・マリア号 全景
 
復元 サンタ・マリア号 全景2
 
ポートタワーの南側広場にあります
 
 
左:前の部分、右:後ろの部分
 
前の部分 後ろの部分
 
2006年7月1日撮影
 
上から2番目の写真
2007年8月14日撮影 写真提供:kieth様