日新丸
漁業調査運搬船、捕鯨母船
IMO番号 8705292 総トン数 8030 トン
船舶番号 130177 全 長 129.58 m
信号符字 JJCJ 型 幅 19.40 m
型深さ 11.70 m
船 籍 日本 航海速力 kt
船籍港 東京 最高速力 17.49 kt
造船所 日立造船因島 旅客定員
乗組員
竣工年月 1987.12 馬 力 7320 ps
出 力 5384 kw
船 主 共同船舶
運 航 共同船舶
 第三日新丸の代替として日本水産のトロール船筑前丸を日立造船因島工場で改造後三代目「日新丸」と改名されました。
 1987年から2019年まで、毎年日本鯨類研究所に傭船され、調査捕鯨の調査母船として運用されていました。2019年7月、31年ぶりとなる日本の商業捕鯨再開以降は、沖合水域での母船式捕鯨の母船として運用されており、2019年10月4日には商業捕鯨再開後第1回目となる操業を終え下関港に入港しました。
 私は子供の頃何かの本で捕鯨船の挿絵を見た覚えがありますが、実物は初めて見ました。
 撮影は門司港からです。停泊位置まで直線距離で約1.8km離れています。210mmの望遠で写しましたが、まずまずの画質を得ることができました。下の写真は高さ103mの門司レトロ展望室から写しましたが、あまりにも遠いので、上の写真とほとんど角度が変わっていないように見えますね。
 この船の前方には一緒に操業したキャッチャーボート勇新丸が停泊していました。
日新丸 左舷後
 
日新丸 
 
2019年11月16日撮影 下関港
 

 
前のページへ