飛鳥
クルーズ客船
国内・海外のクルーズ
IMO番号 8913162 総トン数 28856 トン
船舶番号 132842 全 長 192.8 m
信号符字 JPBG 型 幅 28.0 m
型深さ 15.95 m
船 籍 日本 航海速力 21.0 kt
船籍港 東京 最高速力 kt
造船所 三菱重工業 下関 旅客定員 592 人
乗組員
竣工年月 1991.10 馬 力 23540 ps
改名年月 2006.02 出 力 17314 kw
船 主 郵船クルーズ
運 航 郵船クルーズ
 国内トップクラスのクルーズ客船です。全客室が海に面しているというすばらしい船です。2005年11月3〜4日、「秋の瀬戸内しまなみ海道ワンナイトクルーズ」で広島に寄港したときの写真です。私は仕事の関係で見に行けませんでしたが、いつもお世話になっているmako様が写真を写してくださいました。ありがとう。それにしてもすごい船ですね。一度はこんな船でクルーズを楽しみたいものですが、2006年2月Amadea Shipping Companyに売却、改修されてバハマ船籍の「アマデア(AMADEA)」として再出発しました。飛鳥の後継船として、新しい「飛鳥U」が就航しました。(飛鳥の模型はこちらです)

 あまりにも大きいので相当離れないと全体が写せません。船には11デッキ(11階建)まであり、屋上のスカイ・デッキ(11デッキ)にはゴルフレンジがあります。左にぽつりと写っているのが高速船「和加」です。飛鳥の大きさが分かるでしょう。

 一番上の写真をクリックすると別画面で大きな写真を見られます(323kb)
Internet Explorer、Netscape、Firefoxの方は開いた写真が自動的に画面に合わせ縮小されている場合がありますので、写真をもう一度クリックしてみてください。実写サイズで表示されます (1600×860ピクセル)。 迫力ありますよ。
全景、左にいるのは「和加」

 
広島を後にする飛鳥
 

停泊中の飛鳥

全景、あまりにも大きいので相当離れないと全体が写せません
 
後方から望む
 
船首部
 
最後部
 

乗船タラップの部分です。下の宅配トラックと比べても船の大きさが分かりますね。
乗船口はメイン・デッキ(5デッキ)にあります

乗船口周辺
 

救命ボートと言っても、右側のは客室を備えた高速艇のように見えますね

救命ボート
 

停泊中にペンキの塗り替えをしていました。「いつも美しく」でしょうね。さすがです。

お手入れ中
 

舫綱(もやいづな)には可愛いキャラクターが・・・

キャラクターが支える舫綱1
 
キャラクターが支える舫綱2 キャラクターが支える舫綱3 ドラえもんまで
 
2005年11月4日撮影 広島港1万トンバース 写真提供:mako様
 

飛鳥の模型の写真です

飛鳥模型
 
飛鳥模型
 
2008年4月15日撮影 博多港ポートタワー
 

 
前のページへ