我ふるさとの船 尾道の渡し船

このページの船の写真のほとんどは尾道在住のkiethさんからの投稿です
私のリクエストに答えてくださいました。どうも、ありがとう

尾道(山波)〜向島(肥浜)
通称:桑田渡し
2011年3月31日で航路廃止
宮本汽船 第一兼吉丸
第十七天神丸
尾道(久保)〜向島(彦ノ上)
通称・岸元渡し
2008年4月末で航路廃止
しまなみフェリー 第一しまなみ
第二しまなみ
尾道(土堂)〜向島(兼吉)
通称:兼吉渡し
尾道渡船 第二兼吉丸
第十向島丸
にゅうしまなみ
尾道(土堂)〜向島(小歌島)
通称:福本渡し
福本渡船 第拾壱小浦丸
第拾貮小浦丸
第拾五小浦丸
尾道(駅前)〜向島(豊浜)
通称:駅前渡し
向島運航 むかいしまT
むかいしまU
向島(歌)〜浦崎(戸崎) 歌戸運航 歌戸丸
芸予(予備船)
この絵は「海の素材屋」様から頂きました。 この絵は「海の素材屋」様から頂きました。  尾道(駅前)→向島(豊浜)航路乗船記
 左の船の絵は「海の素材屋」様から頂きました

尾道水道は尾道(本土)と向島(対岸)の間の幅の狭い海です
ちょっとみると川にしか見えません
手前が尾道、右上が向島です

1985.4.29撮影
クリックすると尾道水道のパノラマ写真をご覧いただけます
 
写真をクリックするとパノラマ写真をご覧いただけます

その狭い海の東西約3km位の間に、何と5航路の渡し舟がうごめいています。
私が子供の頃は焼玉エンジンのポンポン船で、祖父母のいる向島に渡っていました。
記憶の範囲では大人5円、子供3円だったと思います。
尾道大橋のできた今でも、この渡し舟たちは、庶民の足として
観光資源として、元気に走り続けているのです。