筑紫丸(つくしまる)
貨客船
大阪〜大連航路(に就航する予定でした)
IMO番号 総トン数 8135 トン
船舶番号 全 長 141.2 m
信号符字 型 幅 18.0 m
型深さ 10.15 m
船 籍 日本 航海速力 16.5 kt
船籍港 最高速力 18.63 kt
造船所 川崎重工艦船工場 旅客定員 779人(予定)
乗組員 129 人
就航年月 1943.03.25 馬 力 8794 ps
改名年月 1952 出 力 6468 kw
船 主 大阪商船
運 航
 この船は昭和1941(S16)年9月24日に商船として進水しましたが、艤装工事中に第二次世界大戦が始まり、そのまま海軍の特設潜水母艦として建造され、1943(S18)年3月25日に竣工しましたが、同時に日本海軍に徴傭され、特設潜水母艦として入籍し佐世保鎮守府籍→呉潜水戦隊に編入されました。1945(S20)年には船舶事情の悪化のために改造されて「石炭輸送船」となりました。
 戦後1947(S22)年半ばまで、満州、マニラ、ラバウルから多くの引揚者を日本に輸送しました。1952(S27)年、パキスタンのパン・イスラミック・スチームシップに売却され「サフィナ・E・ミラト」という船名でイスラム教徒のメッカ巡礼船として活躍しましが、1960(S35)年火災によって焼失したということです(はっきりは分かっていません)。
 なお「潜水母艦」というのは、海軍の補助艦艇の一つで、潜水艦に附随して食料、燃料その他物資を補給し、潜水艦乗組員が休養するための設備を提供する艦のことです。専用の艦を新造する場合の他、筑紫丸のように徴用した商船を改装したものもあり、これらを「特設潜水母艦」と呼んだそうです。
 本来商船として活躍するはずだった船の何とも切ない軌跡です。
筑紫丸
 
2007年11月17日撮影 大阪 交通科学博物館
 

 
前のページへ