唐戸桟橋
 本州最西端、山口県下関市にある関門汽船の発着する桟橋です。山陽本線下関駅からは歩いてすぐの位置にあります。ここから関門海峡を渡り対岸の九州門司港まで約5分で行くことができます。
 本州東方面から新幹線で訪れるには、新下関で山陽本線に乗り換えるのですが、新下関に停車する便が少ないので、一旦小倉まで乗り、そこで鹿児島本線に乗り換え門司港まで行き、門司港から連絡船で唐戸に渡った方が早く着く場合が多いです。
 桟橋には隣接するショッピングモール「カモンワーフ」や「唐戸市場」、しものせき水族館「海響館」や「海峡ゆめタワー」「関門橋」など楽しいスポットがたくさんあり、1日中楽しめる場所です。連絡船で門司レトロや巌流島までも短時間で渡れ、更に楽しみが広がります。
 船好きの人にも関門汽船を始め、海峡を始終行き交う大型の船舶を眺めているだけであっという間に時間がたってしまうという素晴らしいスポットです。ぜひ一度訪れてみれください。
 

切符売り場と観光案内所、待合室のあるターミナルです。

唐戸桟橋ターミナル
 

関門汽船の時刻表。2015年10月現在です。

関門汽船時刻表
 

ターミナルには券売機と下関にちなんだガチャがあります。

ターミナル内の券売機
 

桟橋は2本あります。見えにくいですが右の1号桟橋の後ろに
唐戸ターミナル、その左にファミリーマートがあります。

唐戸桟橋全景
 

南側に海があり、関門海峡を挟んで対岸に門司の街並みを臨めます。

唐戸桟橋から門司を臨む
 

あるかぽーと東防波堤灯台までは歩いて行くことができます(赤い方も)
私はしばらく灯台の下に座って、行き交う船の写真を写していました。
灯台から見る関門橋はとても美しいです。工事中で洗濯物を干してある
ようでしたが(笑) 左手に唐戸市場を臨むことができます。

あるかぽーと東防波堤灯台
 

灯台を背にするとそこにはしものせき水族館「海響館」があります。

海響館
 

桟橋と唐戸市場の間には、下関を代表する味覚「ふく」や「ウニ」
など新鮮な海の幸を楽しめるレストランゾーンと、シーフードを中心
に生鮮加工品、お土産品などを買えるショッピングゾーンのある
「カモンワーフ」があります。外にもフクがたくさん。可愛いですね。

カモンワーフ
 

カモンワーフの東側に有名な「唐戸市場」があります。

唐戸市場
 

唐戸桟橋の西側にある「海峡ゆめタワー」(門司港から撮影)

海峡ゆめタワー
 
2015年10月22日撮影
 

 
前のページへ