パパコラム 2005年1月〜2005年6月
前のページ | トップ | 次のページ

1回分読んだらブラウザの{戻る}ボタンを押してこの目次に帰ってきてね

2005年06月09日 禁断のタクシーに手を出す
2005年05月27日 撮影5000枚突破!
2005年04月30日 大和ミュージアムに行ってきました
2005年04月24日 緊急情報!ウイルスバスターでパソコンが動かなくなったら
2005年04月23日 パソコンの摩訶不思議な現症
2005年04月22日 アクセス 5、000件を通過しました。感謝の気持ちです
2005年04月01日 ホームページ公開1周年がやってきた
2005年02月21日 失われた心
2005年02月13日 もうすぐ春ですねえ♪
2005年02月07日 緊急情報−2 ワンクリック詐欺にご用心
2005年01月09日 バスと私

2005/6/9 禁断のタクシーに手を出す
 私は、やってはいけない事に手を出してしまった。ついにタクシーの写真を写し始めたのだ。
 なーんてね。そんなオーバーな事ではないのですが、最近面白いデザイン(ラッピング)をしたタクシーをたまに見かけるようになりました。偶然ぶつかるだけなので数は少ないのですが、やっぱりラッピングバスを取り扱っている以上はこれも載せなくてはならない。一種の強い義務感だけで載せてしまいました(他のネタがなくなったわけじゃないぞー)
 近頃のタクシーはかなり特徴のあるデザインの物が増えてきましたね。自社カラーを強調するということで、宣伝効果はあるように感じます。東京など大都会ではずっと以前から派手な模様のタクシーが多く、私の住む広島でもあんな綺麗なタクシーが走らないかなあと、ひそかに心待ちにしていました。街の景観をそこねるということで、規制が強かったんだと思いますが、最近は規制緩和でかなり派手なものも出てきました。乗り物ファンとしてはとても嬉しいことです。
 あるタクシー会社の専務さんに伺った事がありますが、派手な模様だと悪い事ができないんだそうです。特徴が覚えやすいのですぐにばれるのだそうです。確かにそうですね。(悪い事をするドライバーさんって滅多にいませんけどね。むしろ悪い事をされるケースの方がずっと多いです。でもやっぱり、あまり派手な模様だと狙いにくいかもしれません)
 タクシーはバスと違って路線が決まっているわけではないので、本当に偶然でなければ、いい被写体には巡り合えないのが、写真を写す側としては難しいところです。スピードも速いしね。今のカメラは電源を入れてシャッターを切れるまでに5秒以上かかります。また、1枚写して次が写せるまでにも3秒くらいかかるので、被写体を見つけてから電源を入れていたのでは、とてもいい写真が撮れないので残念です。最近のデジカメはもっともっと駆動速度が速いので、撮りそこなうことも少ないと思います。いいカメラがほしいなあ。
 まあ、めげずに頑張りましょう。今のカメラだってまだまだ使いこなしてはいないのですから。もっと腕を上げる事に力を注ぐことにします。タクシー頑張ろう。
 
2005/5/27 撮影5000枚突破!
 5月10日に我愛用のデジカメでの写真撮影が5000枚を超えました。2000枚突破から1000枚増えるたびにこの記事を書いていますが、さすがに広島のライトアップを撮りまくった3000枚から4000枚にかけての期間より、4000枚から5000枚の期間の方がずっと長かったですね。
 今年に入ってからは、イルミネーションもなく、仕事の終わるのも遅くて、写して歩く暇がなかったのですが、春になるとまた日が長くなり、何かと撮影意欲をそそられてきました。
 健康のためにと昨年4月に始めたウォーキング、今でも続いています。今は1日6キロを目標にしています。4キロは通勤で歩きますから、残り2キロを被写体を求めて歩くという訳です。そうはいっても、被写体なんていつもうまく見つかる訳ではありません。むしろ、偶然ぶつかるほうがいい写真が撮れる場合が多いかもしれませんね。ある程度の目安だけ立てて、その方角に歩くといったスタンスでこれからも写し続けようかと思っている今日この頃です。
 
2005/4/30 大和ミュージアムへ行ってきました
 4月30日、午後から少し時間が取れたので、買い物がてら町に出たついでに少し足を伸ばし、今月23日にオープンした呉の「大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)」に行ってきました。
 JRに乗ると何故か緊張感が襲ってくるのは先日の福知山線の脱線事故のせいでしょうか。呉駅の自由通路(高架橋)を南に渡ると、そのまま屋根のついた歩道に続きます。まっすぐ南に進んでいくと昨年9月8日にオープンした「ゆめたうん呉」に入ります。その中をまっすぐ進み建物から出た途端、そこには大和ミュージアムの正面広場が現れます。
ゆめたうん呉
通路や天井にに案内板が設置されています
大和ミュージアム正面
左が呉中央桟橋ターミナルビル

 私はそのまま高架通路を進み、呉中央桟橋のターミナルビルの横から、懐かしい水中翼船などが展示してある屋外の「芝生広場」に行ってみました。そこには「テクノスーパーライナー」「潜水調査船・しんかい」「水中翼船・金星」が展示されていました。船ファンにとってはたまらない逸品揃いです。水中翼船には、乗船する事もできます。船内の写真などは当HP「船の写真」→「水中翼船」「大和ミュージアム」に載せてありますので、そちらをご覧ください。
 芝生広場に隣接する「大和波止場」からは呉中央桟橋に出入りする連絡船が一望できます。私は時間も忘れて船の写真を撮りまくり、肝心のミュージアムの中には入ることができませんでした(笑) また、今度ゆっくり訪れたいと思います。
 私の思いつきのぶらり旅は呉港〜広島港までの高速船「うずしお」乗船で幕を閉じました。
 
2005/4/24 緊急情報! ウイルスバスターでパソコンが動かなくなったら

 先日私のパソコンが摩訶不思議現象を起こしたことは、4/23に書いたとおりです。その現象の原因は今朝のニュースではっきりしました。私の予想通りトレンドマイクロ社の発信したパターンファイルに問題があり、大変多くのパソコンで同じ現象が起きたそうです。今朝の段階でトレンドマイクロ社にあった問い合わせは72,000件程度。その後も続々増えていることでしょう。各パソコン販売店にも相当量の問い合わせがあったようです。
 私の周りでも2人の人が同じ状態になり慌てておられました。私は昨日経験したことを元に復旧方法を教えてあげ、その方たちも無事復旧したようです。

 ★Windows XP SP-2で、ウイルスバスター2004か2005をお使いの方に現れる現象です★

 私の解決法は、次のとおり
 1.パソコンが立ち上がったら「スタート」メニューなどから「ウイルスバスター」のメイン画面を起動する。ただし立ち上がるのにすごく時間がかかります。まるでフリーズしているように見えますが、時間が経てば立ち上がります。風呂にでも入ってください。
 2.「アップデート実行」ボタンを押すと、最新のパターンファイルをダウンロードし、自動的にインストールされます (これにも時間がかかるかもしれませんが、トイレにでも行って気長に待ちましょう)
 3.うまくインストールされたら元通りの快適な動きに戻っているはずです。

 もうひとつの方法:ウイルスバスターの「アップデート設定」が「自動」に設定されていれば(買ったときは「自動」になっています)、何時間かおきにアップデートしますので、パソコンを立ち上げたまま何もせずそれを待ちます。映画にでも行きましょう。アップデートが終わった時点で、元通りの状態になるはずです。

 元の状態に戻っても最初はシャットダウンや起動に時間がかかるかもしれませんが、そのうち治るようです。
 ここに書いていてもあの状態に陥った人は読むことはできないと思います。この記事を読まれた方で、周りに困っている人がいらっしゃればぜひ教えてあげてください。お願いします。
 
2005/4/23 パソコンの摩訶不思議な現症
 今日大変なことが起こりました。朝パソコンを立ち上げたときはまだ何も起こってはいませんでした。それが草木も眠る丑三つ時、どこからともなくお寺の鐘が韻にこもって恐ろしく、「ゴーン」と鳴ったその途端、なにやら怪しい光がパソコンから立ち上るではありませんか。「ひぇ〜〜、でっ、出た〜〜〜!」
 というのは冗談で−す(笑)。実はいつものようにウイルスバスターの更新データを受信した途端、パソコンが超スローモーションになってしまったのです。アイコンをクリックしてアプリケーションが立ち上がるのに数分かかったり、立ち上がらなかったり。おまけにインターネットにつながらなくなったりと非常事態に陥ってしまったのです。
 「これはウイルスにやられたか!」と思いましたが、検査しようにもウイルスバスターさえ立ち上がらないのです。再起動もできず矯正終了。OS(Windows XP)は普通に起動するのでハード的な問題ではないようです。頼みの「システムの復元」もできない状態で、「さて、どうしよう。面倒でもシステムを再インストールするか、サポートセンターに問い合わせるか」など七転八倒していたところ、いきなりウイルスバスターの更新データを再び受信しました。するとどうでしょう。今までの症状がまるで嘘のように消え去り、元通りの快適な状態で動き始めたから摩訶不思議?
 「なんなんじゃ、こりゃー! 訳わからん」と思いつつも、一応ウイルスチェックしてみましたが、感染してはいませんでした。システムチェックにも異常なし。おそらく、最初の更新データにバグ(問題)があり、システムを不安定にさせたのでしょう。トレンドマイクロ社さん、しっかりしてよね。
 同じ状態になった人がありましたら、ぜひメールで教えてください。決してあわててシステムの再インストールはしないで、しばらく待ってみましょうね。
 幽霊話でした。
 
2005/4/22 アクセス 5、000件を通過しました。感謝の気持ちです
 4月21日、アクセスカウンターが「5000」を越えました。ここ2・3日、何故か1日のアクセス数が急に増えていて、予想より早く5000ヒットとなったのですが、この現象は心優しい人たちが早く5000を越えさせてあげようと、1日に何度もアクセスしてくださったのかな? と思ったりして、ひとりで喜んでみました。
 5000のうち、おそらく1000回ぐらいは自分でカウンターを回したものと思います。1日1回はチェックしますし、更新したときは何度かアクセスしますからね。このカウンターは20分以内に同じ人がアクセスしても回らない設定になっています。大体一人の人が見るのは20分以内かなと思っての設定です。ほかの人のHPを見るとすごい勢いで数が増えているところもあり驚いてしまいますが、ひょっとしたらトップページにアクセスするだけで時間に関係なくカウンタが回る設定になっているのかもしれませんね。
  Google や Yahoo に登録してもらったり、相互リンクしてもらったりで、少しずつ見に来てくださる人が増えているのはとても嬉しいことです。特に最近は知らない方が情報を提供してくださったり、誤ったところを指摘してくださったりと、楽しいコミュニケーションも増えてきました。
 掲示板を作ったらもっと楽しいことはよく知っているのですが、何しろ忙しい身なものですから、返事を書くことができないので、まだ作りかねています。
 クイズの部屋などを作り、少しでも楽しんでいただく工夫もしてみましたが、まだまだお便りを送ってくださる人は少ないですね。これは、もっともっと面白さを出しなさいという暖かい教えだと心し、これからも精進していくつもりです。
 「5000回はほんの通過点」と言ったら、プロ野球などの記録達成でよく聞く言葉ですね。何年間続けることができるのか私にも分かりませんが、作る楽しさ、見られる快感をこれからも味わい続けようと思っています。みなさま、今まで支えてくださって本当にありがとうございます。そしてこれからもどうぞ飽きずにお付き合いくださいね。
 
2005/4/1 ホームページ公開1周年がやってきた
 友達からのメールでこのことに気付いた私。3月は年度末で忙しいうえに、4月から職場での仕事内容ががらっと変わるので、その準備やらプレッシャーやらでコラムどころではありませんでしたし、もう1年経ったなんて考える余裕さえありませんでした。
 1年なんて早いもんですねぇ、ついこの間「ホームページビルダー」を買って、何も分からないままでスタートした「KiPiOの散歩道」。最初ころのページを見ると何と貧相なことか。それでも、自分が作ったHPがインターネットに流れたときには本当に感動したもんです。
 本来バスの写真を公開したくて立ち上げたのですが、だんだん欲が出て、あれやらこれやらと載せていきました。作成技術も少しずつ上達し、今に至っているのですが、まだまだ他の人のHPにはかなわないですね。もっとセンスを磨かなくてはと改めて思っています。
 これからどう発展していくのか私にも分かりませんが、写真と音楽のあふれる、癒し系HPとしてコンテンツも充実させていきましょう。
 1年間見守ってくださった多くの方々に心から感謝します。これからもどうぞ可愛いがってやってくださいね。
 
2005/2/21 失われた心

 「咲いている花そのものが美しいのではなく、それを見る人の心によって美しく見えるのだ」という言葉を聞いた事があります。私もその通りだと思います。同じ花を見ても人によって感じ方が違いますね。多くの人がきれいだと言う花を見てもきれいに見えないという人がいるのは事実です。感性の違いはあると思いますが、多くの人が美しいというものを美しいと見られない場合、やはりその人の心からは、何か大切なものが失われているのでしょう。音楽を聴く上でも同じ事が言えます。
 何事においても素直に感動出来ない人、口を開けば批判ばかりしている人、人の事が気になってたまらない人、自分だけが不幸なんだと思っている人・・・。現代社会には色々な事で心を病んでおられる方が本当にたくさんいらっしゃいます。もちろん、それら全てが病気という訳ではありませんが少なくともノーマル(元気な状態)では無いと思います。
 昔、物の無い頃、人々には暖かい心がありました。人同士、人と動物、人と自然がうまく調和し深いかかわりを持ってバランスよく存在していました。それが物質的に満たされると共に徐々に失われています。その結果が現代の先進国といわれる国々の目を覆いたくなるような多くの問題を引き起こしているのです。
 昨日のコンサートの中で、南さんは「アマゾンには電気もガスも水道も無いけれど、人々はお互いに助け合い、信頼し合いながら生きていて、子供達の中にいじめなど全く無い」とおっしゃっていました。「親が子供を、子供が親を殺すなんて考えられない。そんな国はきっと滅びるだろう」とインディオの長が言われていたそうです。
 この殺伐とした社会の中でノーマルな心を保つことは本当に難しいことです。一度失われた心を取り戻すことも簡単ではありません。私にはどうしたらいいのか分かりません。でも、あきらめる事はないと思います。何か方法があるはずです。この問題はあまりにもテーマが大きすぎるので、多くの方のご意見を伺いたいと思っています。どうぞあなたのお考えをお聞かせください。
 今私が考えることは、みんな一点ばかりを見ないで、ちょっと脇を見てはどうかと思います。そこには美しい花もあるでしょう。きれいな音楽もあるでしょう。まだまだ暖かい人の心もたくさんあるでしょう。回りを見る事で、心に余裕を持つことで、意外と元気になることってあるのではないでしょうか。また、一言しゃべる前に、何か行動をする前に、一歩さがって「もし自分がこの言葉を言われたら、もしこの行動をとられたらどう思うだろうか」と考えることができれば、人同士のかかわりがうまくいくのではないでしょうか。
 お便りお待ちしています。上の入力フォームからお送りくだされば幸いです。
 
2005/2/13 もうすぐ春ですねえ♪
 寒くて暗い冬はもう終わろうとしています。もうすぐ暖かい春がやってきますよ♪
 私が一番嬉しいのは、日が長くなって写真を撮れる時間が増えることです。ついこの前までは、仕事が終わった5時すぎはまだ暗かったのに、ふと気付いてみると今は6時頃まで明るいでしょう。何だかそれだけで嬉しくなります。
 去年の4月に始めた1日最低4kmの歩行は今も続いています。そのおかげで高かった血圧は安定し、肝機能も少し改善されました。風邪はひかないだろうと思っていましたが、それはだめでした。何年かぶりにとてもきつい風邪をひいて、3日も仕事を休んでしまいました。今年の風邪は治りが悪いので、皆さんもひかないように気をつけてくださいね。

 人間には寒い時にブルーな気分になるという傾向があります。寒い地方に住んでいる人や、寒い季節にはそのような人が多い傾向にあります。冬に起こる不機嫌さや気分の不安定さは、日照不足から来るものだとよくいわれます。弱い太陽の光はホルモンの変化を引き起こし、眠りを助けるホルモンであるメラトニンの量を増やし、気分を改善するホルモンであるセロトニンを減らします。多くの人にとって、このホルモンの混乱は甘い食べ物に対する欲求を高め、性的欲求を減らすことにつながります。(ふむふむ、確かにその通りなのだ)
 この状態から抜け出す方法としては、日光浴が最も良いそうです。自然の光の下で歩くことはこれらの問題をすべて解消してくれます。研究では、自然の光の周波数が最高の結果を導くことが分かっているそうです。冬に戸外にでたら袖をまくりあげましょう。面白いことに、研究では光は目と皮膚の両方から吸収されることによって生理的な効果をあげることが分かっているのだそうです。
 皮膚が太陽の光にあたった時に作られるビタミンDもとても大切なものです。毎日20分の太陽の光を浴びた手や腕や顔は、肌色の明るい人に適当な量のビタミンDを与えてくれます。肌色の濃い人の場合は、さらに長くあたったほうが良いかもしれませんね。ビタミンDの生成に関して言えば、太陽にあたってあたりすぎということはありません(もちろん、日焼けをするほどに浴びすぎることは良いとは言えませんが)。体はビタミンDを必要なだけ皮膚から吸収し、必要以上には吸収しません。嫌な気分をなくすために、自然の光の下、戸外の活動をしてみましょう。もしそれが無理でも、明るい光の下、室内で活動的に過ごしてみましょう。
 さあ、もうすぐ日の光が燦燦と降り注ぐ春がやってきます。ブルーな気分よさようならー。皆さんさようならー。元気出そうぜー!

 
2005/2/7 緊急情報−2 ワンクリック詐欺にご用心
 「オレオレ詐欺」「警官や弁護士に成りすます詐欺」などが横行する昨今、新しい手口としてメールを利用した「ワンクリック詐欺」が問題になっています。
 これは、「自分が携帯電話やパソコンからインターネットに接続し、いろいろなサイトを見ているうちに、突然アダルト(出会い系)サイトにつながり、料金請求の表示になる」というものです。また同様に、パソコンに送られてきたメールに記載されているURLをクリックしただけで、料金請求画面が表示される場合もあります。
 実はかくゆう私も先日、「【特報】新サイト情報」というメールが来て、発信者が分からなかったのについつい開いてしまい、メール内のURL(アドレス)をクリックしてサイトにつながりました。そこまではまだいいのですが、ご丁寧に興味本位で画像をクリックしたとたん、下の画面が・・・・・
 
あなたは会員に登録されました。

お客様の登録日: 2005年02月xx日
お客様のIPアドレス : xxx.xxx.xx.xx
お客様のプロバイダ情報 : proxy.xxxxxxx.ne.jp
お客様のメールアドレス: xxxxxxx@xxxxxxx.ne.jp
お客様の個人識別ID番号 : xxxxxxxx

個人識別IDはインターネットに接続されたパソコン(PC)の使用者(所有者)を特定可能な 世界でただ一つの個人識別情報です。

◆お客様のネットワークアドレス情報とは?
インターネットやイントラネットなどの IPネットワークに接続されたコンピュータ1台1台に割り振られた識別番号です。 世界中にあるコンピュータを一意に決めるための住所です。個人、社内のマシンにも当てはまります。

◆お客様のマシン識別IDとは?
Webユーザが利用したコンピュータに割り振られた名前に当たる情報です。 Webユーザがどの組織に所属しているのか、どんなプロバイダを利用しているのかを知ることができます。個人、社内のマシンにも当てはまります。

上記の情報で登録させていただき、会員登録手続きを完了致しました。

<ご利用料金>
ご利用期間 : 登録日より30日間
ご利用料金 : 28,000円(キャンペーン価格) ※通常60,000円
支払期限 : 登録日2005年02月xx日より3日以内

当サイトの金額はすべて税込み金額です。
30日間使い放題 定額制
ただいまキャンペーン中!!!
登録日より3日以内にお支払の場合に限り割引料金28,000円とさせていただきま す。(通常60,000円) 4日以降にご入金の場合には通常料金の60,000円が振込み金額となります。

※利用料金をお支払い済みの方は上記の個人特定情報が表示されましても重複課金はされ ませんのでご安心下さい。

※登録日から4日以上経過された方には直接、貴殿宛に通常価格60,000円の請求が行きます。ご了承下さい。

<注意事項>
サイト利用されたにも関わらず、支払期限を過ぎても入金が確認出来ない場合は「お客様情報」を元に対して 法的な手段を経て、情報開示を求めます。
情報開示情報(以下項目)
・勤務先情報
・勤務先電話番号
・自宅住所
・自宅電話番号
上記ログを元に自宅や勤務先へ直接請求させて頂く可能性がございます。

3日以内に支払いが確認されない場合は、当番組管理部に委託すると ともに、延滞手数料及び損害金を加算して請求致します。

※注意・・・当番組管理部と法執行部で協議の上、裁判所に対して料金未払い者に対する小額訴訟を起こす事があります。

※お客様のPCの環境により「お振込みID」が変わることがあります。 その際は、現在表示されています「振込みID番号」でお振込下さい。 一度振込み済みのお客様に関しては、ID別の請求は一切行っておりません。 「振込みID番号」が変わるお客様は、お振込み後に必ずサポートセンターにメールでご連 絡下さい。

  ※お振込時の振込人名についての注意事項 振込人名義は、必ず振込ID番号でお願い致します。 名前等でご入金された場合、入金確認できない可能性があります。 また、振込端末によってはご依頼人名が自動的にご利用口座名義となり、 振込ID番号での入力ができない場合がございます。 の際はお手数ですが確認のため「ご振込人名儀」と「お振込日」、「お振込み金額」、 及び「振込ID番号」を下記のお問い合わせ先までメールにてお知らせください。 利用料金の支払い確認ができていない方は退会処理ができません。 入金済みの方のみ退会処理ができます。 退会希望の方はお振込をしてから、あなたの個人識別ID番号を記入のうえ、下記のお問い合わせ先までメールにて連絡下さい。

<当サイトに対するお問い合わせ>
お問い合わせ先メールアドレス→ mailto:ixxxx@xxxxxxxx.com
お問い合わせ先:080-xxxx-xxxx
運営者 : ・・・・会社 一般二種電気通信事業者届出済み
※入金済みのお客様は上記の表示が出ても重複課金されることはありません。 ご不明な点は再度ご利用規約のページをご参照下さい。

 こういう世にも恐ろしそうな画面を目の当たりにしたのです。さすがの私も一瞬たじろぎましたよ。
しかし、そこは気を取り直し、この「・・・・会社」を検索。すぐに架空請求詐欺サイトだと分かりました。そうなればもう後は無視するしかありませんので、嫌なメールが来ないように、メールフィルターの設定をしておきました。
 
 さて、ここまで私は3つの失敗をしています。
 1.覚えのないメールを開いた
 2.メール内のリンクをクリックした
 3.利用規約も見ないで画像をクリックした
これはしてはいけない行為ですね。皆さんもしないように気を付けてくださいね。

 利用規約は一応ページの上の方にありますが、小さいウインドウでスクロールしなければ下の方は見えません。規約は以下の通り

1、番組名:「xxx」(以下、本サービスという)は・・・・会社(以下、運営者という)が提供・運営するサービスです。
2、青少年保護育成条例、その他法律、法令、条例により、20歳未満の方のご利用、公序良俗に反するご利用は固く禁止します。
3、本サービス規約は、運営者が提供する全てに適用されます。
4、本サービスの著作権、商標権、その他全ての知的所有権を有する第三者に帰属し、お客様が無条件で転載・転送、蓄積、複写を行うことは一切できないものとします。
5、本サービスをご利用になる為に通信会社及び提供会社と提供契約をして頂きますが、お客様の所有するパソコンまたは、端末で行われた本契約の締結はすべてお客様の意志で行われたものとします。
6、運営者は本規約を予告なく修正・追加することが出来るものとします。
7、運営者は本サービスの利用や本の中の事故などによって直接、または間接的に発生したお客様、または第三者の被害については一切賠償の責を負わないものとします。
8、運営者は、システム的な障害やその他の原因で本サービスが停止した場合でも一切の責を負わないものとします。
9、運営者は、本サービスの信頼性を維持する為に最大級の注意を払いますが、その正確性は保証されません。
10、運営者が必要と認めた場合には予告なく本サービスの内容を変更・中断が出来るものとします。
11、運営者は、本サービス内での公序良俗、法律、法令、条例等に反するご利用、当サービスの運営を妨害するご利用は固く禁止します。
12、運営者はいかなる理由によってもすでに支払われた料金は一切払い戻しいたしません。
13、お客様、もしくはプロバイダ、または当社の都合により本サービスをご利用できない場合でも、既に支払われた料金は一切払い戻しいたしません。
14、お客様の利便性を優先した後払いシステムを採用しています。トップページの画像をクリックすると有料会員に登録され利用料金2万8千円が発生します。有料コーナーの利用期間は30日以内です。
15、ご利用料金は、定額28,000円です。ご利用期間は登録日より30日間です。
16、番組が30日間見放題でご利用になれます。料金は後払いでOKです。
17、入会日(登録日)から3日間以内に指定の銀行口座に料金をお振込下さい。
※払込み人欄には、お客様の個人識別ID番号を必ず入力してください。
なお、お客様のお名前でお振込みをされた場合入金確認が取れない為、再度請求が届く場合がございますので、ご注意下さい。
※年末年始等で4日以上金融機関の休日が続く場合は、連休明け最初の金融機関営業日にお振込み下さい。
18、3日以内に支払いが確認されない場合は、当番組管理部または債権回収業者に委託すると共に、延滞料金及び損害金を加算して請求となります。
また、集金業務が発生した場合は現地までの交通費や登録メールアドレス、IPアドレス、リモートホストからの調査費が加算されることになります。
19、この後払いシステムはお客様と運営者の信頼関係の上に成り立っている決済システムです。
便利な後払いシステムを健全に維持する為にお客様のご協力をお願い致します。
20、ご利用期間が終了した方で又新たに利用する時は、再度番組にアクセスして下さい。自動的に登録されます。

運営者 ・・・・会社
一般二種電気通信事業者届出済み
お問い合わせ先メールアドレス xxxx@xxxxxxxx.jp

どうです、相当下の方の14に初めて「トップページの画像をクリックすると有料会員に登録され利用料金2万8千円が発生します。」とあるのですから、少し目を通したくらいでは気付かないようにしてあります。業者は「ちゃんと明示してある」っていうんでしょうね。

 個人識別ID番号というのは、はったりだそうです。

 では、ここまできたらその後の対処です。あわてて
 1.抗議や質問のメールを相手に送る
 2.お金を振り込む
と言うことだけは絶対にしないでください。それは相手の思うつぼ。知られなくてもいい個人情報をわざわざこちらからっプレゼントする事になりますからね。

 今までに多かった不特定多数に送られていたと思われる架空の料金請求メールと異なり、実際に自らサイトにアクセスしたことによって料金請求の画面が表示されるため、驚いてしまう人が多いようです。こちらの場合は詐欺サイトを表示させて、「身に覚え」を無理矢理デッチあげています。しかも、ご丁寧に使用している携帯電話の機種名やプロバイダ名、IPアドレスなどを一緒に表示し、いかにも個人情報をバッチリつかんだかのように見せかけます。もちろん、そこに表示されている情報から、個人の住所氏名などは割り出せません。基本的に料金を支払う義務などないのです。が、不安になって払ってしまう人も少なくないようです。


 ★★ まとめ ★★

 こういう状態に遭遇し、たとえ
携帯電話の機種名やメルアド、個体識別番号、自分の位置情報が事実だったとしても、それらの情報から個人情報が漏れてしまうことはありません。もっともらしく文面に記載されていることをすぐに信じたりせず、請求代金の支払いや返信をしないようにしましょう。

 もし、メールや電話で、このような料金請求を受けた場合は、
1 利用規約がないような場合は無視をする。
2 利用規約がある場合は、よく読んで確認する。
3 電子消費者契約法では、事業者は、消費者に対して申し込み内容を再度確認させるための画面を用意する必要があるので、このような確認措置が無いような場合、その申し込みは無効を主張することができる。
4 上記2,3に「同意」した上サービスを利用した場合は、支払い義務が発生するおそれがある。なお、上にある携帯電話のイメージ画面のように「いいえ」や「NO」ボタンをクリックしても、「登録完了」画面になる場合もあるが、そのような画面では、確認措置があることにならないので、「3」に準じて対処する。
5 悪質なものに対しては、氏名、住所、電話番号などの個人情報は絶対に伝えない。
 以上5点の鉄則を必ず守りましょう。
 
 これらの不当な料金請求は、出会い系サイトやアダルトサイトによく見られます。一方的に送られてくる勧誘メールに安易に登録したり、返信したりする行為が原因となるのです。おもしろ半分や興味本位で、届いた勧誘・広告メールに記載されたURLをクリックするのはやめましょう。
 同様に、パソコンに送られてきたメールに記載されているURLをクリックしただけで、料金請求画面が表示される場合もあります。
 いずれにしても、相手の連絡先が記載してあったとしても、自ら連絡せず、無視することが一番よい対処法です!
 
 このようなワンクリック詐欺に引っかかってしまったら、代金を払う前に検索サイトで同様の手口に引っかかった人がいないか調べてみましょう。相手はあなただけではなく、ほかにもたくさんの人を引っ掛けようとしているはずです。もしかしたら、対処法を記したサイトがあるかもしれません。
 料金請求の手段があまりにも悪質である場合、又は支払いに応じてしまった場合などは、最寄りの警察署・消費生活センターへ相談しましょう。
 
2005/1/9 バスと私
 私は子供の時から何故かバスがすごく好きでした。小学生の頃はバスには週に1〜2回乗る機会があり、できる限り一番前の席に座ったものでした。当時の尾道市営バスはワンマンカーでなかったので、前扉というものはありませんでした。ですから運転士さんの真横、つまりフロントガラスのすぐ後ろに座ったわけです。まだキャブオーバーのバスがあり、運転士さんの横に大きなエンジンカバーがありとても熱かったこと、向島町営バスのボンネットバスに乗ったこと、市営バス初の観光タイプ、前扉で引き窓の社番110号で修学旅行に行った事などは懐かしい思い出です。
 中学はバス通学でしたから毎日バスに乗ります。尾道市営バスは台数も少なかったので全てのバスの窓の形や配置を覚えていました。遠くから形を見ただけで社番(会社独自の車体番号)が分かったものです。自分で方眼用紙に全車種の側面図を書いていた思い出があります。その頃ワンマンカーが走り始めました。当時尾道市内を走っていた尾道市営と三原市営には車体に黄色の帯、鞆鉄バスには赤い帯がつき、一目でワンマンカーと見分けがつきました。
 高校から広島に出た私は、バスの多さに驚くやら嬉しいやらできょろきょろしながら歩いたものです。昭和47年当時の広島バスセンターは現在の場所でしたがまだ平地でした(今は広島そごうの3階です)。当時のバスで今と大きく違うところは、帝産広島(現在の広島バス)のしま模様がずっと細かった事、国鉄バス(現在のJRバス)と広島交通の車体色が今とまったく違っていこと、呉市営バスの路線数が多かった事、両替機が手動だった事、当然高速バスがなかった事、広電バスに3扉車がいた事などたくさんあります。
 高校時代から写真を撮るようになりましたが、当時はまだバスや電車はほとんど写していませんでした。たまに写していたものがあり、その懐かしい電車をHPに載せています(バスはこれから載せて行きます)。私は弱視なので自力でピントを合わせる事は大変困難でしたから、社会人になってしばらくしてピントが合った事を知らせてくれるカメラを購入してから本格的に写真を撮りはじめました。今はオートフォーカスなので苦労は無くなり大変楽になりました。
 バスファンといっても、その楽しみ方は実に様々です。外観を楽しむ人、内装を楽しむ人、エンジン音などの音を楽しむ人、データ収集を楽しむ人、部品集めを楽しむ人、実際に運転してみる人、バスを購入する人・・・etc。
 私は外観を楽しむ人で車種などの詳しいデータは分かりません。今はインターネットが普及し多くのバスファンの方々がホームページを作り大切な情報を惜しげも無く公開してくださっているおかげで、その地に行かなくてもバスを見る事ができます。これはとても素晴らしいことです。私も僅かですが自分の持っている写真を公開し、多くの方と共有することで、写す楽しみ+見せる楽しみを味わう事ができるようになりました。これからは情報交換などにも積極的に参加していきたいと思っています。