音楽療法とインターネット
 
 ここ数年でインターネットが急速に普及しました。ネット犯罪も多くなっていますが、上手く使えばこれほど素晴らしいものはありません。欲しい情報は必ずといっていいほど探し出せますし、このページのように自分から情報を発信することもできます。
 音楽療法でも利用できるページがたくさんあります。私は毎回必ずといっていいほどインターネットを利用していました。情報を上手く活用することでセッションの内容も大いに充実します。特に話す内容の幅が広がり参加者とのコミュニケーションにも一役かいます。歌もただ歌うのではなく曲や歌手の話を交えると一層興味がわいてくるものです。

私の収集する情報
・歌の歌詞(歌詞カードを作る際大変便利です)
・曲に関するデータ(年代や作曲者、エピソードなど)
・歌手に関するデータ(ヒット曲、経歴等)
・今日は何の日?(色々な出来事や誕生者、過去の物価等)
・言葉遊びのヒント(早口言葉、回文、なぞなぞ等)

 情報を多く持ち、整理し、上手く活用することは、あらゆる仕事においての基礎となります。本を読むことも大切ですが、手軽に利用できるインターネットはこれからの時代に必要不可欠な媒体ですから、皆さんも大いに利用してみてはいかがでしょうか。
 リンクのページに私が利用しているサイトを紹介してあります。ご利用ください。

音楽療法 トップへ