ポエムの部屋トップへ

ここでは、MIDIについての簡単な説明をいたします。
KiPiOはこのMIDIを使って色々な演奏をしています。
お品書き

MIDIとは?
具体的には

MIDIにも何種類かの規格がある
パソコンでのMIDI再生
SMF(Standard MIDI File)
KiPiO と MIDI




MIDIとは?

 MIDIとは「Musical Instruments Digital Interface」の略で、電子楽器(音源)とコンピュータ間で演奏情報や音色情報などをやりとりするため、1983年に定められた世界統一の規格のことです。
 MIDIに対応した電子楽器や機器にはMIDI端子があり、この端子をMIDIケーブルで接続することにより、簡単に演奏情報などを別の電子楽器に伝えることができます。
 この規格によりヤマハ・ローランド・コルグなど異なるメーカー同士でのデータ互換性がうまれました。すなわち、MIDIデータを使えば、MIDIに対応したどのメーカーの音源でも、また、パソコンでも発音させることができるのです。

ページTOPへ

具体的には

 分かりやすく言うと、どの種類の音をどのタイミングで、どの高さで、どの強さで、どれだけの長さ発音させるかというような演奏情報をまとめたデータのことです(よけい、分からなくなちゃったかな??)

ページTOPへ

MIDIにも何種類かの規格がある

 MIDI規格の中にも、メーカーによって多少の違いがあり、同じMIDIデータを再生しても、音質や表現が微妙に異なります。

 
GM規格
 異なるメーカー、異なる機種であっても、MIDIデータを同じように再生できる標準的な音源仕様のことをGM(General MIDI)と言います。
 GMでは、最低限の演奏の再現性を可能にしていますが、実際には音色編集についての規定がなかったり、使用できる音色数が限られたり、必ずしも同じような演奏は再現できません。そこでGMの標準音源仕様に加え、さらに細かい音色編集などについても考慮され、より再現性の高い演奏が実現できるように各メーカーが提唱する規格があります。

 
GS規格
 ローランド社が提唱する標準音源のフォーマットです。GS音源といえば、ローランドのSoundCanvas SCシリーズを指すことが多いようです。

 
XG規格
 ヤマハ社が提唱する標準音源のフォーマットです。XG音源といえば、ヤマハのMUシリーズを指すことが多いようです。また歌詞情報も同時に扱えるXF規格もあります。

ページTOPへ
パソコンでのMIDI再生

 パソコンでのMIDI再生は、MIDIファイルをクリックすると、Windows マシンでは Windows Media Player や RealOne Player などが、Macintosh マシンでは QuickTime Player などが自動的に行ってくれます。この場合もパソコンに内蔵されているサウンドカードの性能によって、再生される音に微妙な格差が生まれ、作者の意図した音で再生されていないことがあります。
 KiPiOは、ローランドの音源を使って曲作りをしています。今回アップしているMIDIデータは最も普及していると思われる Windows Media Playerで再生して最適な音になるように作ってあります(XG規格)。

ページTOPへ

SMF(Standard MIDI File)

 MIDIによる演奏データを記録する際の標準ファイルフォーマットで、機能が異なるシーケンサーやシーケンスソフトの間で演奏データをやり取りする際に利用されます。
ページTOPへ

KiPiO と MIDI

 KiPiOがライブをするときには、SMFで記録したMIDIデータをフロッピーに記憶させ(ややこしいぞー)、それを専用の再生機で再生し、音源を鳴らしているのです。いわゆるDTM(デスクトップミュージック:コンピューターを用いて音楽を作成、演奏する事の総称)をそのままステージに持ち込んで、それに合わせて生演奏や歌をお届けしているのであります。
ページTOPへ

ポエムの部屋トップへ