写真で見る広島 No.22-3

広島が喜ぶ、2018年カープ、セ・リーグ3連覇!
その3:セ・リーグ優勝→CS→日本シリーズ→閉幕へと変わっていく編
 
その1:優勝へのカウントダウン編はこちら
その2:祝優勝、広島市内の様子は編はこちら

バスも喜ぶ、2018年カープ、セ・リーグ3連覇!はこちら
電車も喜ぶ、2018年カープ、セ・リーグ3連覇!はこちら
 
 10月17日にCSが始まり、またをCS突破し日本一をめざし頑張ったカープ。残念ながら日本一には手が届きませんでしたが、最高の試合を見せて頂きました。今年一年間本当に数々の感動を与えてくれたカープに心から感謝します。
 シリーズが進むにつれて応援幕などに変化を付けて行った企業もありました。そこで私の見つけた変化していく物シリーズを載せてみます。

 余談ですがCS開始前に広電バス、中国JRバス、市内電車からは優勝ステッカーと前掛けがはずされました。方向幕も平常に戻りました。バスの多い広島市内ではそれだけでも随分街の雰囲気は変わるものだなと改めて驚いてしまいました。

 福屋さんの懸垂幕は祝3連勝→CSバージョン→日本シリーズ→感謝バージョンに替えられていきました。
      

 広島銀行本店の懸垂幕も祝3連覇→CS→日本シリーズ→感謝バージョンへ。日本シリーズバージョンは10月23日に取り付けられました(こちらは仕事帰りの17時40分頃に写したので周りが薄暗く、ビルの窓からの明かりが透けて見えています。日が短くなったのを痛感させられました)。感動をありがとうバージョンは11月17日まででおしまいです。

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓




↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

 真っ赤になっていた洋服の青山の看板がCSの前に青に戻っていました。本通りの青山さんの懸垂幕は撤去されました。赤い看板の写真は超レアですね。



 広島そごうの地下入り口、通称「V階段」は日本シリーズが始まり「祝セ・リーグ3連覇」から「目指せ日本一」に変わりました。日本シリーズ閉幕後は階段下の文字が「祝セ・リーグ3連覇」に戻り、階段上の文字が「夢と感動をありがとう」に変わりました。

↓↓↓

↓↓↓

 広島そごうさんのマジックボードはペナントレース終了後はセール広告になり、日本シリーズが始まると「目指せ日本一」に変わりました。
2018 M1
↓↓↓

↓↓↓

 シャレオ中央広場の広島ホームテレビさんのマジックボードは、シリーズが進むにつれ少しずつ変化していきました。最後に日本一の文字が見られたかったのは残念でしたが、本当に最後までよく頑張ってくれました。日本シリーズ閉幕後は感謝の気持ちを表す言葉が入れられました。本当にありがとうございました。


マジックボード設置直後(上)とシリーズ閉幕後(下)では、バルーンの数が随分増えていました。
2018 M22
↓↓↓
2018 M22

 広島駅からマツダスタジアムに向かうカープロードにあるJR西日本のメッセージもシーズン終了後は下のようにV9を祝うものに変わりました。

↓↓↓

 広島駅ekie・ASSEの巨大掲示板にも変化がありました。

↓↓↓

広島駅南口には、シーズン終了後に下の懸垂幕が掲げられました。
(「がんばろう広島」はいつから掲げられていたのかよく分かりません)



来年も頑張れ! おしまい